レギュラーシリーズながら、ポリッシュ仕上げのこったケースを採用し、ドルフィンハンドとアップライトインデックス、更に6時位置カレンダー効果が相まって、高級感あふれる仕上がりになっていまして、なかなかの秀作モデルです。ただ、デザインを優先したために、ラグ幅が狭く、革ベルトなどに変更できない構造になっているのが、唯一残念なところです...(涙)ともあれ、そんな偏重マニアの戯言はさておき、素晴らしシリーズには違いないので、安心して下さいね!
各部の仕上げは、ベゼル・ケース全体とベルト正面の外側はポリッシュ仕上げで、ベルトの真ん中部分だけヘアライン仕上げです。
※ご注文は、オーダーフォームからお願いします。 ※検索で来られた方へ  Mr.Shop時計屋 トップページはこちらです
NO.101(SNK619K1) NO.102(SNK621K1) NO.103(SNK623K1)
文字盤は完全なシルバーというよりはほんの少しだけゴールドがかった印象のシルバーです。 多分グレーなんだと思いますが、ほんのりブルーがかった、ブルーグレイと言ってもいいような、たいへん綺麗な文字盤です。 こちらは少しツヤのある真っ黒に近い黒で、針やインデックスのシルバーが映えます。