私が神戸で仕事をしている頃、国道2号線沿いにいつもアルファロメオが2.3台とまっている ベローチェという渋めの喫茶店がありまして(そこのコーヒーが特においしい)、マスターに 「アウトビアンキを買ったけどあまり走らなくて...。」と相談した所、それなら魔術師がいるよと 紹介されたのがこの柳原さんでして、それはいろいろとお世話になりました。
私のビアンキは、非常に調子よく、本国仕様に戻して以来抜群によく走っていたのですが、私のオイル管理の ミスで5万km位でオーバーホールするハメになりまして、それならついでにと(若ハゲ、いや若気?のいたりという やつで後で相当苦しむ)、ハイカムは入れるワ、オーバーサイズピストンにするワ、アルカッティーマニホールドの ウェバーサイドドラフト40Φツインキャブを付けるワ、ポート研磨わするワ、等々でフルチューンとはいかないまでも それに近いもので、それはそれはよく走りました。ビアンキは車検重量670kgと軽量ですので加速力はすごく、 信号グランプリなどでは、当時ソアラのツインターボなどいいカモで、よく楽しませて頂きました。もちろん小さい ですが高速安定性も抜群で、高速道でもサーブ900ターボなんかをぶっちぎったものでした。それもこれも みんな柳原さんや大塚さんの丁寧な仕事のおかげで、ビアンキを弟に譲ってからも事故で潰すまで なんと約16万kmをほとんど大きなトラブルなしで走っていましたから、その実力のほどはご理解頂けると思います。その後ももちろん ベルリーナ2000でもお世話になりました。
 柳原メンテナンスについて詳しく知りたい方は、カーマガジンのスペシャルショップの こちらに詳しいので、 どうぞ御覧下さい。

おすすめのページへ戻る